M&A 事業再生・整理

 

財務デューデリジェンス

M&Aなどによる売買取引を行うにあたり、対象となる会社(売り手)の実態を正確に把握するためのデューデリジェンス(DD)を行います。
対象会社の業態を理解し必要な情報を得、調査方法を検討した上で財務を中心に実態を調査し、経営層の皆様に迅速にレポートをお届けします。
時間的制約が厳しいケースにおいても、お客様のご要望にお応えできるよう鋭意対応して参ります。

財務デューデリジェンスの実績例

  • 目的
  • M&A(合併、株式取得、増資引受、株式交換、会社分割、事業譲渡)、事業再生、リファイナンス、資金調達(投資家の募集等)、不動産の取得など
  • 対象会社
  • 半導体メーカー、プロパティマネジメント業、旅行業者代理業、金融業、物流業、美容・理容用品メーカー、ファッションアパレル・小売業、ゴルフ場、製造業、電気工事業、教育・学校支援業など

M&Aの流れ

  • プレディール
  • ディール実行
  • ポストディール
  • M&A戦略の策定
  • 基本合意書の締結
  • クロージング
  • ターゲットの選定
  • 財務デューデリジェンス
    法務デューデリジェンス
  • 統合
  • 対象会社との交渉
  • バリュエーション(評価業務)
  • 統合に伴う会計・税務・法務のサポート
  • 合併もしくは買収方法の検討
  • 買収対価の最終決定
  • ビジネススキームの検討・実行支援
  • 対象会社の予備調査(リスクの洗い出し)
  • 買収契約書の締結
  •  
  • 会計・税務・法務の検討
  • 財務DDで顕在化された会計・税務リスクの対応サポート
  •  

当社では、デューデリジェンスのみならずプレディールからディールの実行、クロージング後のポストディールのフェーズにつきましても、お客様のニーズに沿ったサービスをご提供しております。

※法務デューデリジェンス等の法務に係る事項につきましては、法律専門家が担当します。


企業(株式)価値評価・資産価値評価

M&A事業再生再編等の取引の際、売買価額の公正性を顕示し、株主への説明責任を果たすなどの目的から、第三者による企業(株式)価値評価が行われます。

また、上場審査時や相続対策など、企業(資産)価値に客観的妥当性が求められるさまざまな場面で、企業価値評価は必要となります。

当社では、お客様の取引の背景を考慮した上で、適正な評価方法により、適正価値(Fair Value)を導く、企業価値評価・資産価値査定サービスを行っております。



事業再生・整理サポート

一時的にビジネスに支障をきたしている企業のこれからを見据え、様々な可能性を探り最適なアドバイスをいたします。

事業再生・整理サポート
  • 事業再生・整理における改善計画

    キャッシュフローの改善に関連する提案の一つとして、金融機関への返済計画のリスケジュール(リスケ)が挙げられます。 資金繰りが困難である等の理由でリスケが必要と判断された場合、当社では、リスケ計画書の策定支援を行っております。また、事業再生・整理計画の策定支援やその内容の検証を含めた、金融機関・スポンサー向けの資料を作成し、再生への道を歩む企業を後方支援させて頂いております。

  • 事業再生におけるスキーム

    事業再生の模索を行っていく上で、既に民事再生法が適用されている企業(法的整理企業)についても、将来的にキャッシュフローが見込める事業を譲渡することで、債権者に弁済することができます。当社では、事業の譲渡先である事業譲受会社(SPC)の設立、関連登記手配、契約締結支援等を行い、総合的に再生スキームをサポート致します。




PAGE TOP