リスクマネジメント

コンプライアンスへの取り組みと反社会的勢力の排除

Compliance RSS

コンプライアンスへの取り組み

  1. コンプライアンス体制
  2. 内部通報制度
  3. 社員教育の実施

反社会的勢力の排除

  1. 反社会的勢力への基本姿勢
  2. 反社会的勢力に関する情報の収集・管理
  3. 社員教育の実施
  4. 外部の専門機関との連携

コンプライアンスへの取組COMPLIANCE

青山綜合会計事務所は、法令・規則を遵守し、誠実かつ倫理的に事業活動を行っていくために、以下に掲げるコンプライアンス活動を行っています。

1.コンプライアンス体制

コンプライアンス体制を徹底するために、組織や対応窓口を以下の図の通り整備しています。

コンプライアンス体制
2.内部通報制度

コンプライアンス上の問題点の早期発見、対処、発生防止等を目的として、全従業員からの内部通報・相談を受け付ける専門の窓口を設けています。

3.社員教育の実施

コンプライアンスへの理解を深めるため、従業員に対しコンプライアンスに関する教育を定期的に行います。

反社会的勢力の排除BASIC POLICY ON ANTI-SOCIAL FORCES

青山綜合会計事務所では、反社会的勢力が接触を求めてきた場合の対応と体制を定め、反社会的勢力との関係を遮断して、その被害を未然に防止することを目的とした「反社会的勢力対応規程」を作成しました。反社会的勢力排除に向けて全従業員一丸となって取り組んでいます。主な取組みは次のとおりです。


1.反社会的勢力への基本姿勢

反社会的勢力に対しては毅然とした態度で臨み、反社会的勢力との関係を遮断するとともに、不当な要求に対しては断固として拒否します。既に取引を行っている顧客が反社会的勢力に該当していることが判明した場合、先送りせず着実に取引を中止する措置を取ります。

2.反社会的勢力に関する情報の収集・管理

警察等の外部専門機関と連携し、反社会的勢力に関する情報収集とその管理をコンプライアンス委員会(社内専門部署)に行わせるとともに、反社会的勢力が接触を求めてきた場合の対応マニュアルを整備し、これを社内に周知します。

3.社員教育の実施

反社会的勢力との関係を遮断してその被害を未然に防止するため、従業員に対し必要な教育を定期的に行います。

4.外部の専門機関との連携

警察、特防連、特防協、暴追センター、顧問弁護士等の外部専門家の協力を要請し、組織的な対応を行います。

PAGE TOP