会社を見抜く貸借対照表の見方

 

Seminar RSS

※こちらのセミナーは終了いたしました。

 会計や財務の知識は、ビジネスマンにとって「必須科目」と言っても過言ではないほど、ビジネスと密接な関係にあります。 それらの知識がないことで、日々の打合せや、ちょっとした世間話の中で、話ができずに焦った体験はないでしょうか?

 今回は会社の状況を把握するために欠かせない「財務諸表」の中でも、貸借対照表に焦点を当て、 会社の状況を把握し改善するポイントを分かりやすくご説明します。

 貸借対照表を見ても、決算日時点の財政状態が記載されているだけで、何をどう改善したら良いのか分かりづらい、というご意見を耳にします。 貸借対照表の良し悪しは何で決まるのでしょうか?今回のセミナーでは、貸借対照表についてじっくり分析、解説していきます。


    1. 貸借対照表って何?
      貸借対照表の全体の構造を理解しましょう

    2. 貸借対照表 構造分析
      貸借対照表の構造分析、チェックの項目をお教えします

    3. 貸借対照表の改善ポイント
      貸借対照表から見えてくる、改善ポイントをご説明します

    4. 事例 会社分析
      ある業界の優良企業とそうでない企業の貸借対照表を例に分析してみましょう

    5. 自社の貸借対照表の分析
      自社の分析を踏まえた改善目標を設定してみましょう

    内容
    • 2010年8月5日(木)13:30 ~ 16:00 (内、90分)
    日時
  • 仙台市太白区中央市民センター
    場所
  • 青山綜合会計事務所グループ株式会社ASAビジネスディベロップメント統括部長 税理士安藤 康浩

    1994年に大学卒業後、大手精密機器メーカー入社。その後、情報処理サービス企業の本社経理部勤務を経て、2003年末に青山綜合会計事務所に入社。 主に金銭債権の証券化案件におけるファンド・SPC管理業務に従事し、国内・外資系問わず多数の金融機関からの会計税務関連の依頼に対応。 昨年7月、青山綜合会計事務所より企業再生等のファイナンシャルアドバイザリーサービスを主に手がけるASAビジネスディベロップメントを分社化。 設立時より企業経営健全化事業の責任者として、中小企業向けにセミナーや個別相談を複数開催。製造業・卸売業者等10数社の経営計画・資金繰り計画の策定や債権者・利害関係者向けの企業財務情報の説明支援等に注力。 最近では大手企業のADR・私的整理案件にも関与している。

    講師
  • 株式会社ASAビジネス ディベロップメント財務支援部安藤・谷岡
    • 03-5404-7333
    お問合せ先

開催済みセミナー情報へ戻る

PAGE TOP