木原知己著「船舶金融論 船舶に関する金融・経営・法の体系」出版のお知らせ

 

※ 無断転載を禁じます

2016年5月

本書は船舶(とりわけ、外航商船)の建造あるいは購入にかかる必要資金を供給する「船舶金融」について解説するものであり、船舶金融に従事されている金融マンはもちろんのこと、船舶金融に些かでも興味を抱かれる有為なる学生の皆様、これから海事産業で活躍されるであろうフレッシュマンたち、既に海運実務に携わっておられる社会人諸氏、そして海事の分野を超えて広く金融ビジネスに関係する多くの方々に、何らかの有用な材料を提供することを目的としています。

■本書構成

刊行によせて(堀 龍兒(早稲田大学名誉教授/TMI総合法律事務所顧問))
はじめに
法令等の略語
序章  船舶金融の登場人物
第1章 「Debt」と「Equity」
第2章 船舶金融の体系
第3章 船舶融資の定義
第4章 船舶融資のマクロ的分析
第5章 船舶融資のミクロ的分析
第6章 船舶融資の特性
第7章 船舶融資の類型
第8章 船舶融資可否判断―総論
第9章 船舶融資可否判断―各論
第10章 船舶融資の実行
第11章 船舶融資のリスクマネジメント
第12章 海事紛争と船舶金融
第13章 船舶金融の進化
おわりに
参考文献
索引


■著者紹介
木原 知己(きはら ともみ) 1984年4月九州大学法学部法律学科卒業後、日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。主として船舶融資を担当し、営業第八部長、高松支店長を最後 に同行退職。2005年に都内金融機関に入行し、船舶金融チームを立ち上げる。2011年、青山綜合会計事務所顧問に就任。その後、パートナーを経て 現在は同事務所海事スーパーバイザー。船主向け経営コンサルティングの傍ら、ファイナンスアレンジなどに従事する。現在、早稲田大学大学院法 学研究科非常勤講師(船舶金融法研究)、センチパートナーズ(株)代表取締役、海事振興連盟三号会員などを務める。

■ご注文
http://www.kaibundo.jp/tyuumon.htm
海文堂のホームページへ

PAGE TOP