メガソーラー・再生可能エネルギー

 

メガソーラー発電事業のSPCアドミニストレーションサービス


メガソーラー発電事業用地の確保には、その用地の種類により異なる許認可が必要であり、またメガソーラーの建設工期は半年以上を要すため、実際に事業を始めるまでに数年かかるケースがほとんどです。今後、実際に稼働されるメガソーラー施設が増えていくものとされています。
青山綜合会計事務所では、開発用SPCから運営用SPCを含めたストラクチャリングや会計税務アドバイス、海外投資家対応など、ケースバイケースでお客様のメガソーラー発電事業をサポート致します。

  • SPCの設立、管理、清算
  • 会計税務サービス
  • キャッシュフローシミュレーションの作成
  • 海外投資家対応レポートの作成
※その他ファンドアドミニストレーションサービスに準じます

メガソーラーM&Aサポートサービス

既に認定されたメガソーラー施設の稼働が今後ますます見込まれる一方、売電価格は低下の傾向にあり、またファイナンスの問題などにより事業の継続が難しく稼働していないメガソーラー施設や、それを保有する事業体の売却が増えているのが現状です。
メガソーラーを当初より売却する目的で建設する場合と急遽稼働後に転売するのでは、買い手が投資判断できる情報が整理されているかどうか、またスムーズな売却を進めるために関係者との原契約内容に問題はないか等いくつかのポイントが考えられます。
青山綜合会計事務所では、税務アドバイスや売買時評価額の算定を中心に、法務のプロフェッショナルとも連携しながらお客様の円滑なメガソーラーM&Aをサポート致します。

  • 会計税務アドバイス
  • 売買価格の算定

PAGE TOP