FNコミュニケーションズ主催、金融ファクシミリ新聞社共催

船舶金融の実態と発展戦略

 

Seminar RSS

※こちらのセミナーは終了いたしました。

シップファイナンスの詳しい仕組みの紹介と今後の発展性

船舶金融(シップファイナンス)はすでに長い歴史を有し、世界で利用されている金融手法のひとつです。またそれは同時に、為替取引、デリバティブ取引、シ・ローン、プロジェクトファイナンスなど他の金融取引とも深く関係し、あるいはその源流ともなっているものです。

しかしながら、船舶金融はかなり専門的な知識を必要とします。関係するプレーヤーが官民含めて多岐にわたっており、また対象とする船舶あるいは海運産業自体が市況の影響を受けるなど、種々のリスクが想定されます。そのため、非常に魅力的でさまざまな示唆に富んでいるにもかかわらず、その活用に二の足を踏んでいる企業もあると聞きます。

そこでセミナーではまず、船舶金融についてわかりやすく説明し、その本質を理解していただきます。さらには、それを踏まえながら、最近のわが国を取り巻く諸環境のなかで、いかに海事(海運)産業に成長余地があり、付随する船舶金融にもどのような発展(成長)の絵が描けるかを論じます。


セミナー内容

【第1部】船舶金融の実務
  1. 船舶金融の実際的定義
  2. 船舶金融の特徴
  3. 船舶金融のマーケティングポリシー
  4. 船舶金融の類型とビジネスモデル
  5. 貸出可否判断基準
  6. プロジェクトリスク分析
  7. キャッシュフロー分析
  8. 貸出実行関連契約体系
  9. モニタリング
【第2部】船舶金融の新たな展開
  1. 船舶金融の沿革
  2. 日本海事産業の発展
  3. 新たな船舶金融の方向性
  4. 船舶金融の発展的再定義
<補足>
  1. 船舶金融の登場人物
  2. 船主比較-日本vs.ギリシャ
  3. 船舶金融-推進可否判断プロセス表


    • 平成25年10月18日(金)13:30 ~16:30
    日時
  • 東京都中央区日本橋小網町9-9
    小網町安田ビル2F セミナールーム
    場所
    • 1人目は 31,500円 (税込)
    • 2人目から 28,980円 (税込)
    受講料
  • 添付のセミナー参加申込書に必要事項をご記入の上、金融ファクシミリ新聞社までファックスでお申し込みください。
    金融ファクシミリ新聞社のホームページ(http://www.fng-net.co.jp/)からも受け付けております。
    お申込方法/お申込先
  • 木原 知己(きはらともみ)
      
    1984年04月九州大学法学部卒業後、日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。主にシップファイナンスを担当し、営業第八部長(船舶・鉄道担当)を経て高松支店長を最後に同行退職。 2005年10月東京スター銀行にて船舶金融チームを立ち上げる。 11年01月青山綜合会計事務所顧問に就任。 同年04月同事務所執行役員に就任し、13年3月からパートナー。 現在、早稲田大学海法研究所招聘研究員、同大学船舶金融法研究会会員、海事振興連盟三号会員などを兼務。著書は『シップファイナンス-増補改訂版』(海事プレス社)-住田海事奨励賞受賞、『船主経営の視座』(海事プレス社)、「船主経営の変貌」(日本海運集会所月刊誌「KAIUN」連載)、「波濤列伝」(日本海事新聞連載-近日出版予定)など。
    講師
  • 金融ファクシミリ新聞社
    東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル
    セミナー事務局TEL:03-3639-8858 FAX:03-3639-3720
    お問い合わせ先

セミナー情報へ戻る

PAGE TOP