キャッシュフロー計算書の要点と利用価値

 

Seminar RSS

※こちらのセミナーは終了いたしました。

 8月5日開催の「会社を見抜く貸借対照表の見方」、8月27日開催の「損益計算書から見る会社の強みと弱み」に続く、 財務諸表セミナーの第3弾として「キャッシュフロー計算書」を題材としたセミナーを開催します。

 キャッシュフロー計算書は、貸借対照表や損益計算書と比較してなじみが薄く、作成に手間もかかるため敬遠されがちですが、 用語や作成方法の説明、分析手法の紹介から自社の経営管理への利用方法等といった抵抗感のあるポイントを分かりやすくご説明します。

 会社の資金の流れがどのようになっているか、経営が危険な状況になっていないかといった情報が織り込まれたキャッシュフロー計算書を理解することで、 自社の改善点の発見や資金繰り計画への応用といった、経営管理基盤の強化に利用できるように解説してまいります。


    1. キャッシュフロー計算書とは?概要を把握して、キャッシュフロー計算書の全体像をつかみましょう。

    2. キャッシュフロー計算書の作成方法直接法・間接法とは? 営業活動・投資活動・財務活動とは? 現金同等物とは?
      詳細な用語を理解して、キャッシュフロー計算書の作成を行いましょう。

    3. 分析手法の事例実際の会社のキャッシュフロー計算書を見て資金の流れを読み取り、会社の状況を把握しましょう。

    4. キャッシュフロー計算書の利用方法キャッシュフロー計算書の特徴を理解し、自社の経営管理活動に役立てましょう。

    内容
    • 2010年9月22日(水)14:30 ~ 16:00
    日時
  • 仙台市太白区中央市民センター
    場所
  • 約50名
    募集人数
  • 青山綜合会計事務所グループ株式会社ASAビジネスディベロップメント財務支援部谷岡 利洋

    青山綜合会計事務所を中核とするASAグループのASA ビジネスディベロップメントに所属。財務アドバイスをはじめとして、企業と一緒に経営計画を策定し、計画の実行まで支援するアドバイザーとして、様々な規模の企業支援を担当。

    講師
  • 株式会社 ASA ビジネス ディベロップメント經堂・谷岡
    03-5404-7333
    お問合せ先

開催済みセミナー情報へ戻る

PAGE TOP